I had a Dream, One day
2008.11.25 UPDATE

上記フォトは、タイのエンジニアのチャイミットとヌイ君がTGV(ベトナム現法)に行き、新製品の立ち上げのために作業指導をしている風景だが、日本から見れば同じ東南アジアの人なので一見どちらがタイ人でどちらがベトナム人なのかが分かりにくい。しかしこの風景はTGがグローバル化推進をはじめた頃、わたしが将来像として描いた姿と重なるものだ。ここに今日日本を旅立った若杉君が合流するのだが、今回立ち上がる新製品はタイで長年生産実績があるので、製造ノウハウに関しても日本よりも寧ろTGT(タイ現法)の方が高いと考えられる。「共に助け合い、規律正しく楽しい職場とし・・・」ではじまる経営理念が当社にはあるが、これが海を越えた海外拠点同士で実践されているさまを見ると感慨無量だ。生まれと育ちは異なるが、心と品質をしっかり繋げて、良い製品をお客様に届けるように願うばかりだ。仕事には妥協せずに、「Made in TG」の実現をめざせ。
New Land
2008.11.20 UPDATE

岐阜事業所訪問時、同所に若杉専任課長を呼び、ベトナム子会社への出向辞令を渡した。渡越は来週火曜日になるが、新天地での活躍を期待してやまない。TGV(ベトナム現法)にとっては、来週はTGT(タイ現法)から二名の技術者派遣と相俟って強力な助っ人が結集することになるが、好機と捉えてしっかりと新製品の技術習得を実現していただきたいと願っている。また明日からは小山Mgr.本社堀川社員が新製品の仕様打ち合わせのためにタイに向かう。特に海外事業部の堀川さんは初の海外出張になるので、多角的に海外事業所の様子を研鑽してきて貰いたいと思う。ということで、就業後事業所近くのジャパニーズレストランで、若杉君の送別会を行った次第だ。席上私の挨拶の途中で店のオヤジさんが突如乱入してきて何やら話し出すという一幕もあり、ドタバタとしたなかでスタートしたが、参加者からの激励のひと言、最後に本人からの赴任にあたっての決意表明と何とか無事に会はお開きとなったが、若杉君には同地での大いなる飛躍を祈願する。
ISE JINGU
2008.11.18 UPDATE

一段と寒さの増した今日、当Web.冬バージョンの写真撮影のため三重県にある伊勢神宮に行った。到着後、「神宮」に入る前に隣接するおかげ横丁に立ち寄り、芝居小屋風のたたずまいの歴史館、「おかげ座」で、江戸時代当時のお宮参りの様子を一同知ることになり、とても勉強になった。さて赤福本店訪問を含めて横町でのシューティングを終え、いよいよ五十鈴川を渡る橋を通って長い参道を歩き、樹齢何年かなぁと思われるような見事な木々と辺りの紅葉を楽しんでいるうちに神殿への階段に近づく。それを登りきって手を合わせるとおごそかな気分になるのは不思議だ。やはり日本人の心のふるさとと言われる由緒ある聖地を感じざるを得ない。インドネシア出身のタヘル君も感慨深そうな雰囲気を醸し出しているのも印象的だった。帰り際、カメラマン榊原氏推奨の,へんばや商店に行き、へんば餅を試食。赤福、へんばと食べ物に関しては餅づくしの一日となった。
Vendor Meeting
2008.11.14 UPDATE

当社の主力仕入先で構成されている、「TG協力会」の秋季研修会がウェスティンナゴヤキャッスルホテルであり参加をした。混沌とする経済環境のなか海外子会社を含めTGの現況と今後の方向性について概要を説明した。次いで製造メーカーの重点施策のひとつとなる品質管理の当期実績に関して、小山Mgrよりプレゼンがあり、ゲスト講演として、青樹和夫先生をお招きして、「身体が資本〜ビジネスも健康あってこそ」というテーマで口述を願った。また研修会後の懇親会では、和やかな雰囲気のなかで意見交歓を行い、盛会理にお開きとなった。時節柄、参加者の皆さんもストレスが溜まりやすくなっていると感じる昨今、今日の講演がストレス解消のために何らかの参考になっていただければ幸いです。
Happy Trip
2008.11.12 UPDATE

名古屋徳川美術館内に評判の高いフレンチレストランがあり、受付大津さんのご成婚を祝してランチを共にした。同伴者が女性ばかりだったので、話題が今どきの女性の結婚観などに及ぶとこちらの方が押され気味になり、祝杯のワインと相俟ってふらっとくるひと幕もあった。ともあれ大津さんには、「おめでとう!」。大津君とはTGJのフロントラインとなる受付業務の募集がご縁で知り合うこととなったが、7年間毎朝、始業前に私のコーヒーサービスや各種イベントのスタッフとしても活躍をしてもらったことも思い出される。お相手のことを伺うにつれ、これからの人生航路を楽しみながら築いていっていただくことを心から願ってやまない。末永くお幸せに・・・。
Change Plan in TGV
2008.11.11 UPDATE

所用で日本に一時帰国しているTGV(ベトナム現法)の近藤君が本社を訪れた。現状報告を受けた後、今後の同国事業の方向性について常務を交えてディスカッションをした。今、ある本を読み終えたところで、「組織は戦略に従う」という定説の一方で、「戦略は組織に従う」というアンチテーゼが書かれてあったが、逆もまた真なりという意味からも、さまざまな視点からものをみて、最良の一手を打つ必要性がある。ヒアリングの後、いま流行りの資本注入支援策を含め、経営資源の再配分という観点から幾つかの施策を決定して面談を終えた。色々な話をしたが、最後にはめざすところを共有し、ポジティブに互いの健闘を誓い合った次第だ。同拠点が近い将来、「World Biz From Asia」の一翼を担ってくれることを願っている。ヒトからヒトへ伝わっていく感動を楽しみに。難しい話の後、満面の笑みで記念撮影。
Yes, We Can
2008.11.7 UPDATE

季節はめっきり秋めいて、日本では朝夕寒さを感じる今日この頃だ。注目の米国大統領選挙は、民主党オバマ氏が勝利し、次期大統領が決まった。日本では勝利宣言や対立候補だったマケイン氏のスピーチが各報道番組で幾度となく放映されており、この国の政治とのパフォーマンスの違いに、「アメリカはカッコイイ!」という声の方が優勢のように感じられる。まぁ、いずれにせよ日本も国としての自立と世界との共生という視野から今後の在り方を内外に発信すべき時期だと考える。かく申すも、TGA(アメリカ現法)の南城君からは、現実にお祝いムードなどかけらもなく、当分この不況感からは抜け出せそうにない雰囲気が漂っているといったレポートがあり、需要拡大を図らなくてはならない責任者からの悲痛の声も聞こえてくる。中国も同様で王君も市場の冷え込みを警戒している模様だ。日本も大手企業の業績下方修正のニュースが相次ぐ中、TGにとって今しかできないことがきっとある筈だ。「世界企業TG」の未来のために・・・。
Shipping from Advance
2008.11.4 UPDATE

米大統領選挙の投開票が今日行われる。名古屋の地元紙によれば、この選挙に対する関心の高さは、日本人が83%と世界でもトップだそうで、本国アメリカの80%凌いでいるとの報道を目にした。前出したこの国がアメリカからの影響を最も受けやすいことを裏付けるデータとも言えると考える。さて話は変わるが、先週末TGT(タイ現法)からのレポートで、今夏稼働を開始したADVANCE工場からの日本向け量産第一便が出荷されたとの連絡があった。トライアル、品質確認を経て、量産までの苦労は随時報告があったが、いよいよシッピングと聞いてメールされてきた冒頭の写真を見ながら感慨無量の心境となった。というのもちょうど一年くらい前にタイではそれまで生産していなかった農機建機ドメインの生産シフトを可能にしようというねらいで新工場建設に着手することを決定したという経緯があるからだ。この黒船来航を受けて日本での品質確認や在庫管理のしくみの向上に取り組んでいくことが今後の国内ビジネスの課題になってくるのだが、これから年末にかけて実行力をつけていくことが大切だ。
Profile:

石見 光久

Ishimi Mitsuhisa

大洋技研工業株式会社

代表取締役社長/グループCEO

53年名古屋市生まれ
76年米国東オレゴン州立大学留学
77年大洋技研工業入社
同年フィリピン現法出向
82年取締役就任
87年常務、88年専務
89年代表取締役社長に就任
このコンテンツをご覧いただくには、ADOBE社が無償で配布している最新のFLASH PLAYERが必要です。
FLASH PLAYERをインストールしてから、お楽しみ下さい。 ※JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。