TET HOLIDAY
2011.2.4 UPDATE

日本では節分、中国では春節、ベトナムではテト(正月)と呼ばれるこの時期、現地の長期休暇を利用して一時帰国をしているTGV(ベトナム現法)の近藤君が経営報告のために本社を訪れた。設立以来5年のときを経て、同現法は僅かではあるが単年度黒字に転換をできる見込みになった。設立当初は、何度も現地に足を運び、あれやこれやと経営指導をしたことが思い出される。経営者にとって事業の黒字化は最初の大きな目標になるので、その観点からすれば、ひとつのハードルを越えたことに現地の社員を含めて感謝の意を表したい。とは言うものの、経営環境は常に流動的で、油断をすれば積み上げた努力は一瞬で消えてしまうこともある。現状のヒアリングを踏まえて、次なる目標に近づくための方策を、限られた時間の中でディスカッションした。中期方針として位置づけた、「事業全体最適」の中で、同拠点の位置づけを認識していただき、今回の面談が双方にとってWIN/WINの関係が築ける一助になってもらえればと願う。
Profile:

石見 光久

Ishimi Mitsuhisa

大洋技研工業株式会社

代表取締役社長/グループCEO

53年名古屋市生まれ
76年米国東オレゴン州立大学留学
77年大洋技研工業入社
同年フィリピン現法出向
82年取締役就任
87年常務、88年専務
89年代表取締役社長に就任
このコンテンツをご覧いただくには、ADOBE社が無償で配布している最新のFLASH PLAYERが必要です。
FLASH PLAYERをインストールしてから、お楽しみ下さい。 ※JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。