49th stockholder meeting
2015.3.31 UPDATE

先週末から、ようやく暖かさが戻って、日本列島各地から桜の便りが届く季節になった。今日は朝から第49期定時株主総会を開催して、予定通り議事進行をした。今回の総会では、新しく石見大地氏が新役員となり、当社に20代の役員が誕生したのでお知らせします。経営に新風を吹き込み、自らの道を切り開いて行ってくれることを願っている。振り返ると私自身も永らく経営に携わってきたが、広い意味で世代交代を進めて、事業が継続発展できるように努めていきたいと心持ちを新たにした処である。
Board of auditor
2015.3.18 UPDATE

気候は、先週南城氏の来日時が寒さのピークで、今週に入り急に春めいてきたのだが、来週は再び寒波が忍び寄る予報だ。この時期の天気は本当に変わりやすい。株価も日経平均が19,000円台を突破して、次の壁となる20,000円に向かって上下を繰り返している状況だ。先の国会でも取り上げられた話題だが、上昇基調の主要因がGPIF“年金積立金運用管理”の積極運用に起因しているとのことで、景気が株価を反映しているのではなく、株価が景気を牽引している昨今の動向には留意が必要だ。さて、当社の決算処理も大詰めを迎え、今日は監査役会を開催した。前期も一定の結果を残したことに感謝をしながら、変わりゆく時代に適応できるべく知恵を出していきたい。
USA Business
2015.3.12 UPDATE

少し暖かくなったと思えば、この数日はとても冷え込んで真冬に逆戻りの様相だ。そんな中、TGA(アメリカ現法)の南城GMが本社を来訪した。決算報告が主たる目的だが、苦戦を続ける海外子会社の中では、比較的順調に数字を残している。弊社の顧客は、大手が多いので、進出国の景気がそのまま反映される傾向があり、鈍化する中国、東南アジアと比べると、米国経済は、まずまずの状況にあるとも言える。しかしながらマネー経済と実体経済の間にギャップがあることは昨今のビジネス環境なので、この点は見誤らないように留意する必要がある。いつも思うことだが、アメリカ以外の国は、常に米ドルの為替動向に神経をとがらせているが、米国にいるとさほど実感がない。この辺が基軸通貨の基軸たる所以なのだろう。Gゼロ時代とも言うが、今でも同国が世界を牽引して行く存在であることには間違いがなさそうだ。
C S N&Y
2015.3.5 UPDATE
4 Way Street
4 Way StreetCrosby Stills Nash & Young

Atlantic / Wea 1992-06-23
売り上げランキング : 28902


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年もまた“三寒四温”と呼ばれる時期に来ていると実感する。前述の音楽番組、“SONG TO SOUL”今回の特集は、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのTeach Your Childrenだった。来日記念ということで、急遽特集が組まれたとのこと。ニール・ヤング氏は不参加らしいが、メンバーは既に70歳を越えているそうで、グループ結成後50年になる。音楽的には、カントリー、ロック、フォーク、ブルースの要素を併せ持つ稀有なグループだ。非常に個性の強いメンバー達だが、一堂に会すると見事なハーモニーを発揮する。彼らの音楽と初めて出会ったのは、まだ高校生だったなと懐かしく思いながら見ていたのだが、番組中のインタビューで、グラハム・ナッシュ氏が、『CSN&Yは、僕らの音楽のマザー・シップであり、我々を縛るものではない。普段は各々自由にやっているよ。』という趣旨の発言をしていた。広い意味でこれからのビジネス形態の参考にもなると漠然と思った次第だ。
Profile:

石見 光久

Ishimi Mitsuhisa

大洋技研工業株式会社

代表取締役社長/グループCEO

53年名古屋市生まれ
76年米国東オレゴン州立大学留学
77年大洋技研工業入社
同年フィリピン現法出向
82年取締役就任
87年常務、88年専務
89年代表取締役社長に就任
このコンテンツをご覧いただくには、ADOBE社が無償で配布している最新のFLASH PLAYERが必要です。
FLASH PLAYERをインストールしてから、お楽しみ下さい。 ※JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。