Early Summer Weather
2015.4.28 UPDATE

日本では、毎年この時期を“ゴールデンウィーク”と呼び、企業によっては大型連休となる場合があるが、弊社では完全週休二日制を優先しているので、特段に大きな連休とはならない。今年は気象庁から「異常天候早期警戒情報」というのが発表されて、例年と比較して気温が上昇し、まだ4月なのに夏日近くにまで暑くなってきている。病気の後遺症を持つ私などは、体温調整が難しく、かなり気を使う。皆さんもお気をつけください。このところ日経平均は20、000円を挟んで前後で売り買いが凌ぎを削っている。安部総理は、米国訪問中で日本の首相として初の議会演説の内容が注目されている。安定した支持率のもと、強気な姿勢を保たれているが、終盤戦となった同国オバマ政権との関係も安全保障やTPPといった重要課題の行方が気になるところだ。
TGC Renewal
2015.4.15 UPDATE

今世紀初頭、中国が“世界の工場”と言われていたのも、今となっては懐かしくも思われる。時の流れは早く、人件費の高騰もあって、今や市場としての中国は注目されるが、生産地としての同国は影を潜める存在になってきている。そんな中、TGC(中国現法)の王総経理が本社を訪問した。昨年度の経営実績を踏まえて、今期の経営方針を打ち合わせることが主たる目的であるが、昨年来進めてきた新工場の稼働を控えて、広い意味で今年はリニューアルの一年になる。世間では、チャイナ・プラスワンというトレンドがあるのだが、当社では敢えて中国の基盤を強化して、新生TGCを創りだす必要性があると考えている。王君の奮起を期待して勝負の年になることを願っている。
Breakaway from
2015.4.9 UPDATE

日本語の使い方は、しばしば誤解を生む。沖縄の基地移転問題で、政府の言う、『粛々と進める』というフレーズが物議を醸している。この件に関して質問が及ぶと、総理や官房長官は必ずと言っていいほど、答弁にこのフレーズを用いる。私自身も以前から多少の違和感を覚えていたのだが、沖縄県知事がズバリ指摘をしたので、「やはり」と思った。当事者にとっては受け入れ難いニュアンスだろうと思う。日経平均は、15年ぶりの高値をつけているが、日銀がめざしたデフレからの脱却は、原油価格の下降もあって、道筋が見えたようでもあり、危うくもある。今が正念場といったところかも知れない。
REBRAND.
2015.4.2 UPDATE

朝から雨模様となった昨日、ヒルトンホテル名古屋にて入社式を開催した。記念すべき第50期の社員たちだ。“初心”を胸に刻み、焦らずに一歩一歩着実に歩みを進めて行って頂きたいと願っている。式典では、新常務の所信表明等もあり、同時に第50期全社経営方針、『Rebrand』を発表した。当社も50年目を迎えて、良くも悪くもこれまで培ってきた企業イメージがある。企業が継続的に発展していくためには、環境変化に適応して変化していかなくてはならない。過去に乗っかるのではなくて、ブランドも再構築して行かなくては未来も拓かれないと考える。若い力とともに衆知を結集して次の50年を築いていきたい。
Profile:

石見 光久

Ishimi Mitsuhisa

大洋技研工業株式会社

代表取締役社長/グループCEO

53年名古屋市生まれ
76年米国東オレゴン州立大学留学
77年大洋技研工業入社
同年フィリピン現法出向
82年取締役就任
87年常務、88年専務
89年代表取締役社長に就任
このコンテンツをご覧いただくには、ADOBE社が無償で配布している最新のFLASH PLAYERが必要です。
FLASH PLAYERをインストールしてから、お楽しみ下さい。 ※JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。