Shareholder meeting
2016.3.31 UPDATE

日本人にとって“桜”は特別な意味を持つ。古くから歌人によっても詠まれ、春を告げる代名詞にもなっている。現在名古屋でも至るところで満開になってきている。そんな今日、当社の第50期定時株主総会を開催した。私自身社長になって28回目の総会になる。無事審議を終え、改めて時の経過と継続することの意義を感じる次第だ。年々経営環境の流動化が激しく、進みゆく道も険しさが増しているように思えるが、また一歩未来に向けて歩んでいく決意をした。
Cuban Missile Crisis
2016.3.22 UPDATE

米大統領専用機、エアフォース・ワンがキューバに降りた。冷戦時代の象徴的な出来事、“キューバ危機”を知るものにとっては、オバマ大統領が言う、「歴史的訪問」の意味は大きい。当時子供心にも、J.Fケネディ、フルシチョフ、カストロの名前は知っていた。時は流れ、時代も確実に変わっていく。歴史に学ぶ。『来し方を顧みて、行く末を案ずる。』の言葉のごとく、あの頃、こんな日が来るとは想像もできなかった。企業経営にも通じることが多いように思う。
Take steady work
2016.3.8 UPDATE

経営環境を予測する際に経済指標を参考にすることが多い。昨今の指標は、各国の金融政策に委ねられることが殆どで、実体経済が見えにくくなっている。前にも述べたが、私見では概ね先進国の実体経済は、「長期停滞説」が、有力ではないかと感じる今日この頃だ。規模的にはマネー経済が圧倒的に大きくなってしまったので、マクロ視点で語られることが多いが、改めて個々の事業経営を考察する際には、現実を注視して、地道な改革改善案に取り組まないと状況は変わらないと考える。時として、“原点回帰”も必要だ。
Blowin' in the Wind
2016.3.4 UPDATE
フリーホイーリン・ボブ・ディランフリーホイーリン・ボブ・ディラン
ボブ・ディラン

Sony Music Direct 2005-08-24
売り上げランキング : 106794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

寒い日が続いていたが、予報ではこれから少しずつ春めいてくるそうだ。連続して、”Song to Soul”の話題で恐縮です。今回はあのボブ・ディランだったのでお許し下さい。『時代が音楽をつくり、音楽が時代をつくる』という格言があるが、私にとってディランはこの言葉がピッタリあてはまる人物だ。アコースティックギターとハーモニカの姿が印象深いが、やがてエレクトリックギターに変わっていく。当時フォークのイメージを壊されたくないファンには大ブーイングだったが、敢然と変えていったディランは、やがて次の時代をも切り拓いていくことになる。
Profile:

石見 光久

Ishimi Mitsuhisa

大洋技研工業株式会社

代表取締役社長/グループCEO

53年名古屋市生まれ
76年米国東オレゴン州立大学留学
77年大洋技研工業入社
同年フィリピン現法出向
82年取締役就任
87年常務、88年専務
89年代表取締役社長に就任
このコンテンツをご覧いただくには、ADOBE社が無償で配布している最新のFLASH PLAYERが必要です。
FLASH PLAYERをインストールしてから、お楽しみ下さい。 ※JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。